黒羅紗地裾緋羅紗 山形文様陣羽織柄 エプロン

■商品画像

■商品説明

黒羅紗地裾緋羅紗 山形文様陣羽織(くろらしゃじ すそひらしゃ やまがたもんよう じんばおり)柄のエプロンです。

黒羅紗地裾緋羅紗 山形文様陣羽織は、仙台市博物館に所蔵されている黒羅紗地に金銀のモールの縞が映える陣羽織です。
かつて伊達政宗が所用しており、往時は襟に南蛮服飾に見られる襞飾り(ひだかざり)がついていたと考えられている。
シンプルな美しさを持つ伊達政宗所用陣羽織の柄をエプロンにしました。

仙台市博物館所蔵品を見る

定価  :3,675円 (税込)
※品物の種類・サイズ・素材等により価格が変動する場合があります。

ご購入はこちらから(Zazleのリゲル社ショップへ)

※リンク先は英語による商品紹介ページを自動翻訳しているため、日本語による説明文に不備があります。